特許申請による専売特許|企業の業績向上を実現する様々な方法

CADと積算ソフトの統合

オフィス

電気工事業や電気設備の開発に携わる事業において、工事や開発の際に必要となる図面作成や見積りの積算といった業務は手間と時間の掛かるものです。特に、CADによって作成された図面を元にして見積書を作成する際には、CADソフトと積算ソフトが別々のため特に手間と時間が掛かっていました。そういった問題は電気CADを導入することで解決します。電気CADの導入により電気工事や電気設備の図面作成、見積りの積算業務を簡単で効率的に行えるようになります。
電気CADというのは従来のCADソフトと積算ソフトを1つに統合したもので、その操作性は誰でも扱えるほど簡単なものとなっています。そのため、パソコンでの業務が苦手という方やパソコンに関する知識の無い方でも気軽に利用することができます。従来のCADソフトでは図面作成において、既存の電気工事や電気設備等の図面に対しての追加や変更を行う際にはやや複雑な操作が必要となり手間と時間が掛かっていました。電気CADではそういった図面の追加や変更もマウスのみで行うことが可能で、作業する担当者の負担を減らせるうえに業務に掛かる時間も大幅に短縮することができます。また、既存の図面がPDFやJWCADといったデータであった場合には、その修正作業が難しいものでした。電気CADはPDFやJWCADといったデータにも対応しているため、マウス操作のみで簡単に修正作業を行うことができます。見積りの積算に関しても従来の積算ソフトと違い、CADソフトと統合されているためCADで作成された図面を元にした見積り書の作成が容易なものとなります。また、データベース上に多くのカタログ情報を登録してあるため、見積りの際に必要だった各材料の単価を自動で積算することができます。CADと積算ソフトを兼ね備えた電気CADを導入することで、電気工事業や電気設備の開発に携わる事業は大きな業務効率化を実現することができるでしょう。