特許申請による専売特許|企業の業績向上を実現する様々な方法

特許申請のプロに依頼

中年男性

企業の経営において画期的なアイデアから開発した技術や製品を自社の専用の販売戦力とするためには、ただその製品を売り出すだけでは大きな損をしてしまうでしょう。なぜなら、新しく開発された技術や製品というのは特許申請を行なって承認されなければ自社独自の技術や製品として使用できないからです。もちろん、販売することは可能ですが他企業もその技術や製品を真似したものを販売することができてしまうのです。それよりは特許申請をして専売特許を得たほうが企業の利益に大きく繋がるでしょう。ここでは特許出願及び申請について知っていきましょう。企業における特許出願及び申請をしようと考える際には、そのアイデアを元にした技術や製品の開発が他企業に先を越されていないか調査する必要があります。特許申請には長い時間と高額な費用が必要となり、もしも他企業が既に特許申請した技術や製品であった場合にはそれらの期間と費用が無駄になってしまいます。また、特許権侵害のリスクも発生するため、そういったリスクを回避するためにも事前の調査が大切となるのです。しかし、こういった調査は専門的な知識が必要となるため、企業によっては困難となることがあるでしょう。そういった場合には、特許申請・登録を専門とした弁理士事務所を利用しましょう。弁理士は特許申請・登録に関する知識のプロで、事前調査等も行なってくれます。また特許出願の際に気をつけるべき点などプロならではの様々なアドバイスをしてくれるでしょう。特許申請において最も難しいとされる明細書作成に関しても、適切な指導の元で行えるため特許登録までの期間を最短にすることも可能となるはずです。

CADと積算ソフトの統合

オフィス

電気CADを導入することで電気工事や電気設備の図面作成を簡単なものとし、業務をより効率的に行うことができます。このソフトはCADと積算ソフトの機能を統合しているため、見積りの積算も間違えることなく簡単に行うことができるのです。

もっと見る

情報一元管理化による利点

仕事する男女

ERPパッケージというビジネスソフトは、導入することで各部門・部署において管理されている基幹業務の情報を一元管理することが可能です。情報の一元管理化によって得られるメリットについて知っていきましょう。

もっと見る

新しい連絡手段

3人の男女

企業内における情報共有やコミュニケーション等の連絡手段というのは従来、電子メールによるものでした。グループウェアを導入することで、電子メールで行なっていた連絡をより効率的に行うことができるでしょう。

もっと見る